東京都交通局 大江戸線 (都庁前〜大門〜都庁前→光が丘)
都庁前 平成21年7月撮影

新宿・西新宿五丁目方面は乗換です
駅ナンバリングは始発(外回り)/終着(内回り)の都庁前をE01にした方が自然ですが、都庁前は中間駅にもなって混乱するため、次の新宿西口がE01になりました。ここから、六本木〜都庁前〜光が丘に行く列車が外回り、逆方向が内回りです。
 大江戸線は東京都交通局の地下鉄線のなかでは最も新しい地下鉄です。
 地下深く、かつ、急勾配・急カーブの多い路線ですが、鉄輪式リニアモーターカー方式を採用したことによって、それらの欠点をカバーするとともに車体の小型化も可能となって建設費も縮小することができました。
 路線は数字の「6」の字型になっていて、「6」の字を書いたときに書き始めの部分が終点の光が丘駅、途中都庁前駅を通過して書き終わりの部分で再び都庁前駅で終点となります。
 各駅ごとに異なる壁面をバックに撮影した駅名標をお楽しみ下さい。

←12-000形(練馬春日町駅)

home駅名標の旅menu(JR以外の路線)東京都交通局>大江戸線
新宿西口 平成21年7月撮影
大江戸線の環状部で、平成12年12月に都庁前〜六本木〜国立競技場が開通しました。地図ではJRの新宿と離れていますが、西口の地下通路で行ける乗換駅です。
東新宿 平成21年7月撮影

東京地下鉄副都心線は乗換です
明治通り(環状五号線)との交差点の地下に駅があり、JRの新宿とは約1km離れていて、乗換駅ではありません。ここから牛込柳町まで、駅構内のトンネルにはシルバーのコルゲートパネルが貼られています。
牛込柳町 平成21年7月撮影
牛込柳町は大久保通りと外苑東通りの交差点の地下にあり、駅名は交差点と同じ名前です。旧都心のこの周辺は旧牛込区(現在は新宿区)で、柳町や市ヶ谷柳町とも呼ばれました。
若松河田 平成21年7月撮影
新宿区若松町と河田町の境界にあるため、駅名は若松河田です。東新宿〜飯田橋は旧都心で住民も多く、都バスの代替にすることを意識したのか、駅間距離は全て1km以下と手厚い設定です。
飯田橋 平成21年7月撮影

JR中央総武緩行線、東京地下鉄東西線有楽町線南北線は乗換です
トンネルに独特のパネルが貼られた駅で、後楽園遊園地のアクセス駅です。JRの中央・総武線、メトロ東西線、有楽町線と南北線の乗換駅です。複数の路線が集中した理由は、皇居の外堀と神田川があり用地確保と長期工事が容易なためと思われます。
牛込神楽坂 平成21年7月撮影
新宿区横寺町と中町の境界にある駅ですが、大久保通りの牛込北町交差点と神楽坂上交差点の中間に位置するため、この駅名になりました。メトロ東西線の神楽坂までは約500mあり、乗換駅ではありません。
両国 平成21年7月撮影

JR中央総武緩行線は乗換です
蔵前から地下で隅田川越えた大江戸線は清澄通りの地下を南に向かって走り、中央・総武線とクロスするところが両国です。地上に出ると江戸東京博物館が目の前にあり、隣接する国技館で大相撲のある日の夕方は大勢の観客で賑わい、お祭りのような騒ぎになります。
蔵前 平成21年7月撮影

浅草線は乗換です
隅田川の花火大会で有名な蔵前橋へのアクセス駅で、トンネルには家を模したようなパネルが貼られています。都営浅草線の乗換駅ですが連絡通路はなく、地上に出て江戸通りを南に約200m歩くことになります。浅草線の浅草駅へは、ここから直接歩いた方が早く着きます。
新御徒町 平成21年7月撮影

首都圏新都市鉄道つくばエクスプレスは乗換です
元浅草一丁目の交差点の地下にあり、JRの御徒町とは約500m離れていて乗換駅ではありません。トンネルには地味なタイルが貼られ、いかにも地元向けという造りの駅です。
上野御徒町 平成21年7月撮影
春日通りと中央通りの交差点(上野広小路)からJRの御徒町までの地下にあり、メトロの上野広小路、仲御徒町と御徒町の乗換駅です。トンネルには排気口のような目立つパネルが貼られています。所在地が台東区上野のため上野御徒町になったようです。
本郷三丁目 平成21年7月撮影

東京地下鉄丸ノ内線は乗換です
春日から富士見坂を上ると本郷三丁目で、メトロ丸ノ内線との乗換駅です。春日通りと本郷通りの交差点の地下にあり、東京大学のアクセス駅です。メトロ半蔵門線の東大前は農学部の近くなので、赤門や正門に行くのはこちらの方が便利です。
春日 平成21年7月撮影

三田線は乗り換えです
東京ドーム(ビッグエッグ)と後楽園遊園地のアクセス駅で、メトロ丸ノ内線と南北線の後楽園および都営三田線の春日との乗換駅です。文京シビックセンターは駅の真上にあり、文京区役所との複合施設です。
築地市場 平成21年7月撮影
勝どきから地下で隅田川を越えると築地市場です。築地中央市場のアクセス駅で、最近は市場周辺の魚料理の店が人気です。旧都心にはマスコミが集中していて、ここには朝日新聞社、次の汐留には日本テレビの本社があります。
勝どき 平成21年7月撮影
築地から隅田川を勝鬨橋(橋がバンザイの形に開く)で越えた、埋立地の中央区勝どきにある駅です。駅名標の下にある晴海トリトンスクエアは隣の埋立地である中央区晴海にあり、晴海通りを歩いて3分ほどの距離です。
月島 平成21年7月撮影

東京地下鉄有楽町線は乗換です
ここと勝どきは地図で見ると東京港(東京湾)の一部で、文字通りの島です。埋立地や河川の下に地下鉄を作るのには高度な土木工事が必要なため、この付近は都電の廃止後は都バスのみでしたが、難工事を経て有楽町線と大江戸線が開通しました。
門前仲町 平成21年7月撮影

東京地下鉄東西線は乗換です
清澄通りと永代通りの交差点にある駅で、メトロ東西線との乗換駅なので混雑します。門前仲町とは永代寺(富岡八幡宮の別当寺、現在は深川公園と深川不動堂)の門前を意味する地名で、いわゆる下町の代表的な街です。
清澄白河 平成21年7月撮影

東京地下鉄半蔵門線は乗換です
周辺に点在する金属加工の工場をイメージしたパネルが貼られていて、見応えがあります。大江戸線の車庫はここと光が丘の2カ所で、木場車両検修場(約1km離れた木場公園の地下)の入出庫には、大江戸線では唯一の3線4面のプラットホームが利用されます。
森下 平成21年7月撮影

新宿線は乗換です
清澄通りと新大橋通りの交差点の地下にあり、都営新宿線との乗換駅です。駅の構内はシンプルで構造は機能的ですが、大江戸線における乗降人員は新宿に次ぐ第2位だそうです。
落合南長崎 平成21年7月撮影
中野区上落合と豊島区南長崎の境界にあるため、駅名は落合南長崎です。西武池袋線の東長崎や西武新宿線の下落合は遠いため乗換駅ではなく、商店街もありません。ここから練馬までは新目白通りの地下を走ります。
中井 平成21年7月撮影

西武鉄道新宿線は乗り換えです
駅は山手通りの地下にあり、商店街の出口から西武新宿線の中井までは約2分、山手通りの出口から坂を上ると約4分で東西線の落合に行けます。(乗り継ぎ割引なし) 駅名標の下にある目白大学までの距離は約500mです。
東中野 平成21年7月撮影

JR中央総武緩行線は乗換です
大江戸線では唯一、トンネルに青い斜めのストライプが描かれたパネルが貼られた駅です。駅前は山手通りで、平成9年開業の大江戸線と平成19年開通の中央環状新宿線(首都高速道路)が地下を走っています。
中野坂上 平成21年7月撮影

東京地下鉄丸ノ内線は乗換です
大江戸線では唯一、トンネルに黄色と橙色のグラデーションのパネルが貼られた駅で、メトロ丸ノ内線との乗換客で混雑します。地上の出口は近代的なデザインの特筆ものです。ここから中井までは山手通りの地下を走ります。
西新宿五丁目 平成21年7月撮影
新宿副都心の高層ビル群(東京都庁、京王プラザホテル、住友ビル、三井ビルなど)へのアクセス駅ですが、地下通路が新宿、西新宿と都庁前に整備され便利なためか乗降客は少ないようです。バブル景気の震源地(地上げされた区画)は、この駅の周辺です。
都庁前 平成21年7月撮影

新宿西口方面は乗換です
大江戸線の始発(外回り)/終着(内回り)駅で、駅ナンバリングはE28です。東京都庁舎(丹下健三氏デザインのツインタワー)へのアクセス駅ですが、都庁の真下にはありません。
新宿 平成21年7月撮影

新宿線、JR中央本線中央総武緩行線山手線、京王電鉄京王線京王新線小田急電鉄小田原線東京地下鉄丸ノ内線は乗換です
都営新宿線/京王新線の新線新宿(地下3F)の真下(地下5F)にあり、JRの新宿(西口、甲州口/南口)との連絡通路が整備されJR、京王と小田急への乗換にも便利なため混雑します。なお、西新宿はJRの新宿(西口)に隣接、東新宿はJRの新宿とは約1km離れています。
代々木 平成21年7月撮影

JR中央総武緩行線山手線は乗換です
JRの代々木と並行に作られた駅で、南北両方の出口から乗換が可能です。地上に出ると、NTT DoCoMoのタワーが見えます。山手線と中央・総武線の乗換に新宿では5分以上かかる(地下5Fのため)ので、地下3Fで距離も近いこちらの方が便利です。
国立競技場前 平成21年7月撮影
 平成12年4月に部分延伸(国立競技場〜新宿)された区間で、JRの千駄ヶ谷に隣接しています。また、Jリーグのサッカー会場にもなる国立競技場が目の前なので(東京体育館前)とも称されますが、なぜか千駄ヶ谷の表示はありません。
青山一丁目 平成21年7月撮影

東京地下鉄銀座線半蔵門線は乗換です
 メトロ銀座線と半蔵門線の乗換駅で、青山通り(国道246号線)とクロスしています。東宮御所が近く住民やオフィスが少ないためか、乗換には便利ですが地上出口までは遠くて不便な、不思議な構造をしています。
六本木 平成21年7月撮影

東京地下鉄日比谷線は乗換です
 地下鉄では日本で最も深い駅(地下42m、マッコウクジラの泳ぐ深さ)なので、プラットホームには太い支柱が並んでいます。大江戸線では唯一、内回り(地下7F)と外回り(地下5F)が別のフロアで、内回りはここまで「六本木・大門方面行き」とアナウンスされます。
麻布十番 平成21年7月撮影

東京地下鉄南北線は乗換です
ちょっとレトロな感覚の黄色いタイルがトンネルに貼られた、メトロ南北線との乗換駅です。大使館の多い麻布地区ですが旧都心なので住民も多く、いかにも地元向けという造りの駅です。
赤羽橋 平成21年7月撮影
トンネルがガラスブロックで埋め尽くされ、ベンチもガラスブロックで作られているので、初めて利用した人は驚くと思います。東京タワーのアクセス駅ですが周辺には病院も多く、意外に乗降客の多い駅です。
大門 平成21年7月撮影

浅草線は乗換です
大門とは港区芝にある増上寺の総門の呼び名です。駅は第一京浜(国道15号線)とクロスしていて、浜松町とも称されるのはJRの浜松町まで約2分と乗換に便利なためです。
汐留 平成21年7月撮影

ゆりかもめ東京臨海新交通臨海線は乗換です
平成14年に遅れて開業した大江戸線では最新の駅です。国鉄の旧汐留貨物駅を再開発したこのエリアはシオサイトと呼ばれています。ここには浅草線への連絡線があり、馬込の車両検修場まで電気機関車(E5000型)が電車(12-000形、8両)を回送します。
home駅名標の旅menu(JR以外の路線)東京都交通局>大江戸線

光が丘 平成21年7月撮影
駅ナンバリングはE38で、大江戸線の車庫はここと清澄白河の2カ所です。駅から徒歩数分の光が丘公園や光が丘団地は、テレビ番組などのロケなどによく使用されています。
練馬春日町 平成21年7月撮影
地名は練馬区春日町ですが、文京区春日に都営三田線の春日が既に存在したため、開業時から練馬春日町です。環状八号線とクロスしていて、将来構想では「環八ライナー」線の駅を作る計画もあります。
豊島園 平成21年7月撮影

西武鉄道豊島線は乗換です
遊園地の「としまえん」のアクセス駅は西武豊島線の「豊島園」ですが、大江戸線からも約2分です。豊島園庭の湯とユナイテッド・シネマがオープンしてからは、行楽シーズンだけでなくオールシーズンの観光地に進化しました。
練馬 西武鉄道池袋線西武有楽町線豊島線は乗換です
練馬区役所の所在地で西武との乗換客も多く、ここから先は乗客が減ります。。駅名標の下にある「電車がきます」はTrain Comingでしたが、現在は光が丘を除きTrain Approachingに変えられています。
新江古田 平成21年7月撮影
都営の路線では地名の正式な読みが使われるため「しんえごた」で、地元で通用している西武池袋線の江古田「えこだ」と異なります。地上は新目白通りですが、江古田駅前のような商店街はなく、ちょっと意外な街並です。