JR東海 東海道本線4 (岐阜〜米原)
 この区間の東海道本線は、明治22年に関ヶ原から現在の北陸本線長浜駅へのルートが米原ルートに変更されたことにより現在の形で開通しました。
 大垣〜米原間は東海道本線の中では運行本数が少なく、途中関ヶ原を挟み東西2大文化圏の緩衝地帯のようになっているように思います。また車窓北側に伊吹山の勇姿がそびえる山岳ルートもあります。

←東海地区近郊型の主流となった313系(大垣駅)
西岐阜 平成17年3月撮影
岐阜市郊外にある駅。車内からの撮影です。
大垣 平成15年7月撮影

駅舎の様子はこちらへ

美濃赤坂支線樽見鉄道、養老鉄道養老線は乗換です
開業は岐阜駅より古く、構内も賑やかな印象があります。駅舎は駅ビル形式の橋上駅舎となっています。
穂積 平成15年7月撮影
 JR東海は、駅名標と名所案内のデザインとカラーコーディネートがとてもうまいなあと思います。
近江長岡 平成17年3月撮影
発車した車内から撮影しましたが、ぶれてしまいました。
柏原 平成17年3月撮影
ここから滋賀県です。何となく関西にはなじまないJR東海の駅名標。
関ヶ原 平成15年7月撮影
岐阜県最後の駅。東西境界線にある駅といってもいいかもしれません。駅舎は、思ったより小振りで観光地らしくないような気がしました。
垂井 平成15年7月撮影
駅舎は、和風の橋上駅舎です。このあたりから山沿いのルートとなります。
米原 東海道本線(京都方面)はこちらから
東海道新幹線北陸本線近江鉄道本線は乗換です


駅舎の様子はこちらへ
醒ヶ井 平成17年3月撮影

駅舎の様子はこちらへ
JR東海エリア最後の駅。駅ホームから見える伊吹山が綺麗です。
岐阜 平成15年7月撮影

東海道本線(名古屋方面)はこちら

高山本線は乗換です
県都の玄関口らしく立派な高架駅舎。ホームは3階部分にあり、とても眺めがよく、すっきりした印象を与えています。

home駅名標の旅(JR路線)menuJR東海menu東海道本線4(岐阜県、滋賀県)

home駅名標の旅(JR路線)menuJR東海menu東海道本線4(岐阜県、滋賀県)