JR東日本 総武快速・横須賀線 (千葉〜久里浜)
千葉 総武本線中央総武緩行線外房線、千葉都市モノレール1号線、2号線は乗換です
 総武快速線から外房線蘇我方面ホームの駅名標です。
 昭和47年に東京(地下)〜錦糸町間の地下線と津田沼までの複々線が開通して快速列車の運行を開始しました。4年後の昭和51年には地下線で品川まで運行延伸、昭和55年には、東海道本線と分離された支線、品鶴線(貨物線)経由の横須賀線列車と直通運転を開始しました。
 残った津田沼〜千葉間は昭和56年に複々線化されました。
 その横須賀線の歴史は古く、明治22年に大船〜横須賀間が開業しました。しかし、久里浜まで全通したのは昭和19年のことでした。

←ボディラインにスカ線色を踏襲したE217系(横須賀駅)
稲毛 JR東日本 総武本線 稲毛駅 駅名標 平成21年4月撮影*

中央総武緩行線は乗換です
2面4線の高架駅。快速線と緩行線それぞれに島式ホームがある標準的な造りの駅。快速線は、次の津田沼まで約10キロ近く離れています。
津田沼 中央総武緩行線は乗換です
市川 中央総武緩行線は乗換です
船橋 中央総武緩行線東武鉄道野田線は乗換です
隣の西船橋に快速が停車しないため、千葉方面から武蔵野線・地下鉄東西線に乗り継ぐためには、ここから総武緩行線に一旦乗り換える必要があります。
新日本橋 JR東日本 総武快速線 新日本橋駅 駅名標 平成21年11月撮影*

駅舎の様子はこちらへ
東京地下鉄銀座線の三越前駅と乗換可能な駅、半蔵門線とも乗換はできますが、時間がかかります。
馬喰町 JR東日本 総武快速線 馬喰町駅 駅名標 平成21年11月撮影*

駅舎の様子はこちらへ
ここから新橋の先までは、国鉄当時は珍しい地下線で、当時の馬喰町駅は日本で一番低い位置にある駅でした。
錦糸町 JR東日本 総武本線 錦糸町駅 駅名標 平成21年4月撮影*

駅舎の様子はこちらへ
中央総武緩行線、東京地下鉄半蔵門線は乗換です
緩行線との併設区間最後の駅。新宿方面と千葉方面を結ぶ特急列車は、両国駅方にある渡り線を使用して快速線ホームに入線しています。
新小岩 JR東日本 総武本線 新小岩駅 駅名標 平成21年4月撮影*

駅舎の様子はこちらへ

中央総武緩行線は乗換です
古い高架駅舎がある駅ですが、南北の出口は通り抜けができません。
東戸塚 JR東日本 横須賀線 東戸塚駅 駅名標 平成21年11月撮影*
保土ヶ谷駅同様、横須賀線列車と宇都宮方面への湘南新宿ライン列車のみの停車です。
保土ヶ谷 JR東日本 横須賀線 保土ヶ谷駅 駅名標 平成21年11月撮影*
横浜までは快速走行ですが、保土ヶ谷からは並走する東海道本線が快速線、横須賀線が緩行線となって各駅に停車します。
横浜 平成21年7月撮影

東海道本線根岸線京浜東北線東京急行電鉄東横線、横浜高速鉄道みなとみらい21線京浜急行電鉄本線相模鉄道本線、横浜市交通局ブルーラインは乗換です
右側の次駅表示は大崎と新川崎になっています。大崎まで止まらない列車ってあったっけ???
新川崎 JR東日本 品鶴線 新川崎駅 駅名標 平成21年11月撮影*
南武線とは、鹿島田駅が近く乗り換えも可能です。南武線武蔵小杉駅に横須賀線の駅が設置されるまでは、新川崎駅が乗換可能駅となっていました。
西大井 平成21年7月撮影

駅舎の様子はこちらへ
右側の次駅表示は、大崎(湘南新宿ライン)と品川(総武快速・横須賀線)で、分岐駅ともいえる駅です。
品川 平成22年4月撮影
駅舎の様子はこちらへ
東海道新幹線東海道本線山手線京浜東北線上野東京ライン京浜急行電鉄本線は乗換です
錦糸町から先、しばらく地下線を走って、品川駅の手前で再び地表に出てきます。
新橋 平成22年4月撮影
駅舎の様子はこちらへ
東海道本線山手線京浜東北線上野東京ライン、東京地下鉄銀座線、東京都交通局浅草線ゆりかもめは乗換です
新橋駅に停車するJR線の中では、唯一地下にある駅。と言っても、地上も地下も、正式な路線名称は東海道本線だけです。
東京 JR東日本 総武快速線 品鶴線 東京駅 駅名標 平成21年11月撮影*

駅舎の様子はこちらへ
東海道新幹線東北新幹線東海道本線中央本線山手線京浜東北線京葉線上野東京ライン東京地下鉄丸ノ内線は乗換です
東京駅に、国鉄を感じさせる、こんなシンプルな駅名標があってびっくりしました。
横須賀 平成16年2月撮影

駅舎の様子はこちらへ
 島式ホームですが、片面は頭端式になっているため、改札口から水平移動でホームにでることができる便利な構造になっています。
田浦 平成16年2月撮影

駅舎の様子はこちらへ
 島式ホームから、そのままトンネルに突っ込んでしまいます。バックは2階建ての215系。
東逗子 平成16年2月撮影
 国鉄型ですが、フォントや塗装の具合からするとJR化後設置されたもののようです。
逗子 平成16年2月撮影
 1面2線でカーブした長いホームがある駅です。
鎌倉 平成16年2月撮影

駅舎の様子はこちらへ

江ノ島電鉄江ノ島電鉄線は乗換です
 背後の列車は湘南新宿ラインの列車です。JR駅構内に寄り添うように江ノ電の鎌倉駅があります。
北鎌倉 平成16年2月撮影

駅舎の様子はこちらへ
 古都鎌倉のもうひとつの玄関口。観光客で賑わう鎌倉駅とは違い、周囲を緑に囲まれた古都らしい雰囲気の場所に駅があります。
大船 平成16年2月撮影

駅舎の様子はこちらへ

東海道本線根岸線湘南新宿ライン湘南モノレールは乗換です
 横須賀線の起点駅。写真は横須賀線ホームの駅名標です。
戸塚

久里浜 平成16年2月撮影

駅舎の様子はこちらへ
 構内は広く、終着駅らしさはあまりないかもしれません。駅前に出ると正面には京浜急行の高架線が走っています。
衣笠 平成16年2月撮影

駅舎の様子はこちらへ
 風格のある駅舎がある駅。写真左手に見えるのが駅舎の屋根です。

home駅名標の旅menu(JR路線)JR東日本menu総武快速・横須賀線

home駅名標の旅menu(JR路線)JR東日本menu総武快速・横須賀線
武蔵小杉 JR東日本 総武快速・品鶴・横須賀線 武蔵小杉駅 駅名標 平成22年3月撮影

駅舎の様子はこちらへ

南武線東京急行電鉄東横線は乗換です
開業したばかりですがバックの成田エクスプレスも停車します。
*→写真提供は八丁堀さまです