JR東日本 京浜東北線 根岸線を除く東海道本線の横浜〜東京及び
東北本線の東京〜大宮の区間
東京 平成14年12月撮影
駅舎の様子はこちらへ
東海道新幹線東北新幹線東海道本線中央本線山手線京葉線総武快速・横須賀線上野東京ライン東京地下鉄丸ノ内線は乗換です
 京浜東北線は正式な線名ではなく、「上り」、「下り」もないので、東京駅は、ただの途中駅にすぎません。
 京浜東北線は正式な路線名ではなく、東海道本線と東北本線にまたがる横浜〜大宮間に別線を設けて運行を行っているものです。そのため「上り」、「下り」ではなく、「○○方面」とか「北(南)行」と呼ばれているようです。この両線に加え根岸線の全区間も京浜東北線と称されることが多いのですが、根岸線は横浜線の列車も乗り入れていることから、ここでは別線扱いとしています。緩行運転が原則ですが、山手線と平行する浜松町〜田端間は快速も運行しています。
首都圏を南北に結ぶ幹線です。写真は大宮行209系(浦和駅)
上野 平成14年12月撮影
駅舎の様子はこちらへ
東北新幹線東北本線常磐線山手線上野東京ライン、東京地下鉄銀座線日比谷線は乗換です
自分にとっては、東京駅より歩きにくい上野駅。何回訪れても、乗り場の方向がわからなくなってしまうのです。
大宮 平成14年12月撮影

東北新幹線上越新幹線東北本線高崎線川越線赤羽・埼京線湘南新宿ライン、東武鉄道野田線、埼玉新都市交通伊奈線は乗換です
一応京浜東北線の終着駅らしい駅名標。
横浜 JR東日本 京浜東北線 横浜駅 駅名標 平成21年6月撮影
東海道本線根岸線総武快速・横須賀線東京急行電鉄東横線、横浜高速鉄道みなとみらい21線京浜急行電鉄本線相模鉄道本線、横浜市交通局ブルーラインは乗換です
構内は京急との共用で、京急本線側から乗り場番号が付けられています。京浜東北線乗り場は、京急と隣接する3、4番乗り場を使用しています。
浜松町 平成14年12月撮影

駅舎の様子はこちらへ

山手線東京モノレール羽田線は乗り換えです
平成14年から快速も停車するようになって便利になりました。
赤羽 平成14年12月撮影

駅舎の様子はこちらへ

東北本線赤羽・埼京線湘南新宿ラインは乗換です
京浜東北線では、ここまでが東京都です。
品川 平成14年12月撮影
駅舎の様子はこちらへ
東海道新幹線東海道本線山手線総武快速・横須賀線、、上野東京ライン京浜急行電鉄本線は乗換です
各線区ごとに、ホームを上下するのは、かなり膝に堪えてしまいました。
東神奈川 平成16年2月撮影

横浜線は乗換です
 横浜線の分岐駅。当駅発着列車もあります。
新子安 平成16年2月撮影
 駅を挟んで臨海部とビジネスセンターがある山手部で大きく光景が違う駅です。京急新子安駅もすぐ横に隣接しています。
鶴見 平成16年2月撮影

鶴見線は乗換です
 鶴見駅は、JR東日本初期タイプの駅名標がありました。
川崎 JR東日本 京浜東北線 川崎駅 駅名標 平成21年6月撮影

駅舎の様子はこちらへ

東海道本線南武線は乗換です
 政令指定都市の川崎市ですが、横浜市内駅のエリアになっています。駅舎は神奈川県では最初に駅ビルとして建築されたものです。
蒲田 JR東日本 京浜東北線 蒲田駅 駅名標 平成21年6月撮影

駅舎の様子はこちらへ

東京急行電鉄東急多摩川線、池上線は乗換です
折り返し列車などがあるため、京浜東北線のみの停車駅ですが、2面4線構造となっています。
大森 JR東日本 京浜東北線 大森駅 駅名標 平成22年3月撮影

駅舎の様子はこちらへ
23区内の駅には珍しく、他の鉄道会社やJR他路線との接続がない駅。そのせいか、JR東日本単独駅では乗降客数第1位(平成21年)となっています。
大井町 JR東日本 京浜東北線 大井町駅 駅名標 平成22年3月撮影

駅舎の様子はこちらへ


東京急行電鉄大井町線東京臨海高速鉄道りんかい線は乗換です
三つの鉄道会社が乗り入れる駅。地表駅なのはJRだけで、東急は高架駅、りんかい線は地下駅となっています。
田町 平成23年4月撮影

駅舎の様子はこちらへ

山手線は乗換です
田町からは線区ごとではなく方向別にホームが分かれています。
新橋 平成23年4月撮影
駅舎の様子はこちらへ
東海道本線山手線総武快速・横須賀線上野東京ライン、東京地下鉄銀座線都営地下鉄浅草線ゆりかもめは乗換です
東海道本線や総武快速・横須賀線の列車も停車する新橋駅ですが、京浜東北線の快速は通過します。
有楽町 平成23年4月撮影

駅舎の様子はこちらへ

山手線、東京地下鉄有楽町線は乗換です
当駅表示が「ひらがな」の旧タイプ駅名標かと思ったら、前後駅表示は「漢字」になっている、レアな駅名標です。
神田 平成23年4月撮影

駅舎の様子はこちらへ


山手線中央本線、東京地下鉄銀座線は乗換です
旧標準タイプの駅名標には路線のポイントカラーがないため一見すると山手線なのか京浜東北線の駅名標かわかりません。駅名標下の時刻表で何とか判別できるかも。
秋葉原 JR東日本 京浜東北線 秋葉原駅 駅名標 平成21年6月撮影
(写真提供:八丁堀さま)
駅舎の様子はこちらへ
山手線中央総武緩行線首都圏新都市鉄道つくばエクスプレス東京地下鉄日比谷線は乗換です
山手線とともに正式には東北本線です。つくばエクスプレスの開業後、大規模な改修工事が行われています。
御徒町 平成23年4月撮影

駅舎の様子はこちらへ

山手線は乗換です
京浜東北線と山手線の列車のみが停車する駅のひとつ。路線名称は東北本線だけなので正式な路線名称の列車が全く停車しないことになります。
西日暮里 平成23年4月撮影

駅舎の様子はこちらへ


山手線東京地下鉄千代田線東京都交通局日暮里・舎人ライナーは乗換です
山手線と一緒に昭和46年に開業した駅です。大きな通りをまたぐように高架の構内があります。
日暮里 平成23年4月撮影

駅舎の様子はこちらへ

常磐線山手線京成電鉄本線東京都交通局日暮里・舎人ライナーは乗換です
常磐線の路線上の分岐駅です。京浜東北・山手線の構内と常磐線の構内との間に旧東北本線ホームがありましたが、路線のみ残っているようです。
鶯谷 平成23年4月撮影

駅舎の様子はこちらへ

山手線は乗換です
京浜東北線と山手線の列車だけの停車駅。朝はホームにウグイスの鳴き声が流れています。
王子 JR東日本 京浜東北線 王子駅 駅名標 平成21年6月撮影

駅舎の様子はここちらへ

東京地下鉄南北線は乗換です
地下鉄との乗換駅だけでなく都電荒川線の王子駅前停留場も隣接しています。
上中里 JR東日本 京浜東北線 上中里駅 駅名標 平成21年6月撮影

駅舎の様子はここちらへ
京浜東北線の駅のなかで唯一の委託駅で、みどりの窓口(券売機は有り)もない駅です。
田端 平成16年11月撮影

駅舎の様子はこちらへ

山手線は乗換です
山手線との並走はここまでです。
東十条 JR東日本 京浜東北線 東十条駅 駅名標 平成21年6月撮影

駅舎の様子はこちらへ
大阪環状線の西九条駅みたいに島式ホーム2本の2面3線で中線は左右のホーム両方に接している駅。そう言えば駅名も似ているような・・・
浦和 平成16年11月撮影

東北本線は乗換です
元埼玉県の県庁所在地浦和市の名前を冠した駅なのですが、あまりその雰囲気を感じさせてくれない首都圏近郊駅といった感じの駅です。
南浦和 平成16年11月撮影

武蔵野線は乗換です
武蔵野線との接続駅で乗降客も多いのですが、東北本線は通過です。
平成21年6月撮影
ここも標準タイプの駅名標。埼玉県内にはこのタイプの方が多いようです。
西川口 JR東日本 京浜東北線 西川口駅 駅名標 平成21年6月撮影
橋上駅舎ですが、駅ビルも併設された大きな駅です。
川口 平成16年11月撮影
大きな街なのですが、京浜東北線のみの停車です
さいたま新都心 平成16年11月撮影

東北本線は乗換です
新設駅だけあって綺麗な駅でしたが、訪問が深夜だったため閑散としていました。
与野 平成16年11月撮影
旧浦和市と旧大宮市に挟まれていた与野市でしたが合併して政令指定都市のさいたま市となりました。
北浦和 平成16年11月撮影
標準タイプの駅名標もありますが、看板に表記されたタイプのものをアップしてみました。
 

home駅名標の旅menu(JR路線)JR東日本menu京浜東北線





(C) misakitty


home駅名標の旅menu(JR路線)JR東日本menu京浜東北線



駅と風景写真のブログ  FC2 えきめぐり