JR西日本 因美線 (東津山〜鳥取)
東津山 姫新線は乗換です

駅舎の様子はこちらへ
高野 平成23年11月撮影

駅舎の様子はこちらへ
現在は使用されていない対面ホームにも駅名標が残っていました。
美作滝尾 平成15年10月撮影

駅舎の様子はこちらへ
車内から撮影したのでよく写っていませんが、木造駅舎が残る駅です。
三浦 平成23年11月撮影

駅舎の様子はこちらへ
1面1線の棒線駅、駅舎はありません。
 因美線は、大正8年に鳥取〜用瀬間が最初に開業しました。その後岡山県側からも工事が進められ、昭和7年に鳥取・岡山県境の智頭〜美作加茂間が開通して全通しました。かつては、岡山や姫路方面へのDC急行が行き交う路線でしたが、鳥取と関西を結ぶ智頭急行の開業とともに、伯備線と並ぶ陰陽連絡線の幹線として生まれ変わりました。平成15年10月には、鳥取〜智頭間の高速化工事が完了し95〜110qの高速運転が可能となりました。智頭以南の因美線は、急行も廃止されローカル列車のみの運転となりましたが、美作の高原を走る風光明媚な区間であるほか、木造駅舎が多く残る静かな路線となっています。

←峠の駅で一休み、キハ120系(那岐駅)
美作加茂 平成15年10月撮影

駅舎の様子はこちらへ
駅の裏は、田圃・段々畑・山と次第に高度を上げていく地形の様子が綺麗に見渡せます。
智頭 JR西日本 因美線 智頭駅 駅名標 平成15年10月撮影

智頭急行線は乗換です

駅舎の様子はこちらへ
 智頭急行線の列車ばかりが目立つ駅。因美線の列車は、遠慮気味に小さくなっている気がします。
土師 JR西日本 因美線 土師駅 駅名標 平成15年10月撮影

駅舎の様子はこちらへ
 駅舎はなく、1面1線のみの棒線駅です。
那岐 JR西日本 因美線 那岐駅 駅名標 平成15年10月撮影

駅舎の様子はこちらへ
画一化が著しいJR西日本の駅名標にあって、こんな国鉄黒板型駅名標を見るとホッとしてしまいます。
美作河井 平成23年11月撮影

駅舎の様子はこちらへ
ここにも木造駅舎があります。岡山県最後の駅です。
知和 平成23年11月撮影

駅舎の様子はこちらへ
 以前の駅舎は土壁が剥がれ、かなり荒れていましたが、現在は修繕されて大切に使われているようです。
河原 JR西日本 因美線 河原駅 駅名標 平成20年7月撮影

駅舎の様子はこちらへ
1線撤去されて棒線駅となってしまいましたが、木造駅舎が残る駅です。
国英 JR西日本 因美線 国英駅 駅名標 平成20年7月撮影

駅舎の様子はこちらへ
 ホーム入口には木造駅舎が残っていますが、一部が解体され、リニューアルされた簡易駅舎のような建物になってしまいました。
鷹狩 JR西日本 因美線 鷹狩駅 駅名標 平成20年7月撮影
 1面1線のホーム待合室だけの駅です。
用瀬 JR西日本 因美線 用瀬駅 駅名標 平成20年7月撮影

駅舎の様子はこちらへ
 背後の山との間には千代川が流れ、ひな祭りには、流しびなの風習があります。
因幡社 JR西日本 因美線 因幡社駅 駅名標 平成15年10月撮影

駅舎の様子はこちらへ
廃止された駅舎の対面ホームに国鉄型駅名標が残っていたのですが訪問当日には解体されなくなっていました。
鳥取 JR西日本 因美線 鳥取駅 駅名標 平成20年7月撮影

駅舎の様子はこちらへ

山陰本線は乗換です
南端にある因美線専用ホームの駅名標です。
津ノ井 JR西日本 因美線 津ノ井駅 駅名標 平成20年7月撮影

駅舎の様子はこちらへ
山陰らしい雰囲気の木造駅舎が残る駅。島式ホームですが1線スルー構造となっています。
東郡家 JR西日本 因美線 東郡家駅 駅名標 平成20年7月撮影

駅舎の様子はこちらへ
1面1線のホームに待合室だけの駅です。ホームに駐輪してそのまま乗車?
郡家 JR西日本 因美線 郡家駅 駅名標 平成20年7月撮影

駅舎の様子はこちらへ

若桜鉄道若桜線は乗換です
因美線に乗り入れる若桜鉄道や智頭急行の車両が集まる賑やかな駅です。

home駅名標の旅(JR路線)menuJR西日本menu因美線
 



home駅名標の旅(JR路線)menuJR西日本menu因美線





(C) misakitty




きままな各駅停車の旅ブログ  FC2 えきめぐり