東京急行電鉄 大井町線 (大井町〜二子玉川・溝の口)
 大井町線は、昭和4年に大井町から二子玉川間が開業しました。東急の主要路線である東横線や田園都市線、そして目黒線に接続する幹線間の串刺し路線となっています。昭和30年代には全線が田園都市線となっていた時期もありますが、田園都市線が昭和54年に地下鉄半蔵門線と接続してからは、渋谷方面への路線が田園都市線となって、ふたたび大井町線という名称が使用されることになりました。
 駅ナンバリングや運行形態は二子玉川から溝の口まで続いていて、並走する田園都市線とは各駅停車を除き別線となっています。

←8500系(北千束駅)

home駅名標の旅menu(JR以外の路線)東京急行電鉄>大井町線
大井町 JR京浜東北線、東京臨海鉄道りんかい線は乗換えです
中延 東京都営地下鉄浅草線は乗換えです
戸越銀座
北千束 平成24年2月撮影

駅舎の様子はこちらへ
大井町線で最も乗降客が少ない駅。斜面に突っ込むような場所に駅があるため、ホームは地表部分と高架部分があります。
旗の台 駅舎の様子はこちらへ

池上線は乗換えです
荏原町

home駅名標の旅menu(JR以外の路線)東京急行電鉄>大井町線
このページの写真は八丁堀さまの提供です。
下神明
大岡山 平成24年2月撮影

駅舎の様子はこちらへ

目黒線は乗換えです
目黒線とのクロス駅で大井町線唯一の地下駅です。
上野毛
尾山台
九品仏
自由が丘 平成22年9月撮影

東横線は乗換えです
懐かしいデザインの駅名標です。
緑が丘
溝の口 田園都市線は乗換えです
二子玉川 田園都市線は乗換えです