home駅名標の旅menu(JR以外の路線)京王電鉄相模原線



きままな各駅停車の旅ブログ  FC2 えきめぐり


京王電鉄 相模原線 調布〜橋本


トップ写真募集中!  相模原線は、平成2年に開業した比較的新しい路線です。しかし、最初の開業区間、調布〜京王多摩川間約1キロが開業したのは、大正5年でした。その後、昭和40年代〜60年代の長い時間をかけて部分開業しました。
 最初の開業区間以外では、加算運賃が適用されています。
 新しい路線のため、各駅とも比較的大きくゆとりのある構内と高架路線が続いています。
 また東京都と神奈川県境の多摩丘陵を抜けるため起伏も多く、トンネルや緑の豊かな区間を走っているのも特徴です。
 


調布 平成22年3月撮影

京王線は乗換です
相模原線用の駅名標。京王線の駅名も表記されています。
京王多摩川 平成27年4月撮影
カーブ上にある高架の駅です。駅名の由来となっている多摩川を京王稲田堤との間で渡ります。
京王稲田堤 平成27年4月撮影
稲田堤接続JR南武線は乗換。300m離れたJRの駅も京王が管理しています。列車がひっくり返りそうなきついカーブ上の駅です。
京王よみうりランド 平成27年4月撮影
当駅ナンバリングの場所が違ったり、稲城(KO38)のナンバリングが誤ってKO36と表示されていたりと、おかしな駅名標です。
稲城 平成27年4月撮影
掘削、高架、地表の詰め合わせの様な駅です。交差する武蔵野貨物線にも駅があったらいいなと思いました。
若葉台 平成27年4月撮影
車両基地を擁する2面4線の駅。柱が緑なのは駅名とかけているのでしょうか。
京王永山 平成27年4月撮影

小田急電鉄多摩線は乗換です
矢印の無い駅名標です。ここから京王(小田急)多摩センターまで小田急多摩線と並走します。
京王多摩センター 平成27年4月撮影

小田急電鉄多摩線は乗換です
…「京王」「小田急」とわざわざ駅名を分けているのは対抗心でしょうか。乗客数は京王の圧勝です。
京王堀之内 平成27年4月撮影
…「堀之内」なる駅名はどこにもないのですが、京急「堀ノ内」と区別するため「京王」を冠しているようです。とても律儀ですね。
南大沢 平成22年3月撮影
昭和63年から平成2年まで終着駅でした。相対式2面2線の構内ですが、2面4線対応の広さがあるため、ゆとりのあるホームです。
多摩境
橋本 平成22年3月撮影

JR横浜線相模線は乗換です
構内を外れるとすぐに線路は途切れています。その先は市街地となっているため、ここから先の延伸開業はなさそうです。



home駅名標の旅menu(JR以外の路線)京王電鉄相模原線






※→写真提供はMitaka Shinkawaさまです。
(C) misakitty