関東鉄道 常総線 取手〜下館
取手 JR常磐線は乗換です
 関東鉄道常総線は大正2年常総鉄道の路線として開業しました。開業から現在まで非電化で営業をしていますが、昭和時代に取手から水海道までは複線化され、現在ではPASMO対応自動改札も設置されている通勤路線でもあります。 平成17年から途中駅の守谷でつくばエクスプレスと接続するようになり、運行形態や通勤客の流れが大きく変わり、これまで取手駅で接続していたJR常磐線の乗換客が減少することになりました。

←キハ100形(水海道駅)

home駅名標の旅menu(JR以外の路線)関東鉄道常総線
玉村
1面1線の棒線駅でホーム待合室だけの駅。しかし、簡易PASMO改札機は設置されています。
下妻
構内は2面3線ですが、1線は臨時用です。利用者の多い駅で写真に写っている跨線橋は、東西連絡通路です。
下館 JR水戸線、真岡鐡道真岡線は乗換です
JR東日本・真岡鐡道との共用駅ですが常総線の構内近くにある南口は関東鉄道の管理になっています。
西取手
2面2線の相対式ホーム駅。地形を利用して、構内部分は高架駅構造になっています。
寺原
取手市内に近く利用者も多かった駅ですが無人駅になることが決まっています。
守谷 首都圏新都市鉄道つくばエクスプレスは乗換です
平成17年からつくばエクスプレスとの乗換駅となったことによって乗客が急増しました。現在では取手駅より多くなり常総線最多となっています。
新取手
ゆめみ野
戸頭
稲戸井
南守谷
中妻
北水海道
水海道
取手からの複線区間は当駅までです。かなり使い古したような駅名標です。
小絹
新守谷
宗道
屋根や正面の作りに特徴のある駅舎があります。
大田郷
ちょっとチープな感じのする駅名標。他の駅にもこのタイプはあるのでしょうか?
石下
南石下
三妻
黒子
構内の桜が綺麗な駅。駅舎は平成15年建築です。
騰波ノ江
大宝

home駅名標の旅menu(JR以外の路線)関東鉄道>常総線





このページの写真提供は八丁堀さまです
(C) misakitty