箱根登山鉄道 鉄道線 (小田原〜強羅)・掲載駅のみ表示
箱根登山鉄道鉄道線は昭和10年全線開業しました。小田急からの片乗り入れが行われていて、小田急が狭軌、箱根登山鉄道の箱根湯本から強羅までが標準軌(入生田から箱根湯本までは3線軌条)であるため小田急の車両は物理的に箱根湯本までしか乗り入れできません。そのため、箱根湯本を境に別会社が運行しているような印象のある路線です。

→大正8年製造、改造されながらも現役で走るモハ1形(大平台駅)
home駅名標の旅menu(JR以外の路線)>箱根登山鉄道>鉄道線



駅と風景写真のブログ  FC2 えきめぐり
箱根湯本 平成25年12月撮影
観光シーズンには乗り換え客で大変混雑する駅です。
小田原 平成25年12月撮影

JR東海道新幹線東海道本線、小田急電鉄小田原線、伊豆箱根鉄道大雄山線は乗換です
以前は箱根登山鉄道専用の標準軌ホームがありましたが、現在は小田急と共用で狭軌のホームとなっています。
強羅 平成25年12月撮影

鋼索線は乗換です
山小屋風の大きな駅舎があります。 

home駅名標の旅menu(JR以外の路線)>箱根登山鉄道>鉄道線





このページの写真提供は八丁堀さまです
(C) misakitty


風祭 平成25年12月撮影
駅舎、構内は平成20年に改良され新駅のような雰囲気です。
入生田 平成25年12月撮影
近くに検修施設があるため、箱根湯本以遠の標準軌車両が運行できるよう3線軌条になっています。
塔ノ沢 平成25年12月撮影
山の中の狭い敷地に駅があります。かつては木造駅舎がありました。
箱根板橋 平成25年12月撮影
木造駅舎が残っています。駅名標にある標高表示は、撮影直前の再調査で他駅も含め約11メートル高く表示されていることが判明し、現在は修正されています。
宮ノ下 平成25年12月撮影
小涌谷駅との間に信号場が2か所もあり、うち上大平台信号場はスイッチバックとなっています。
大平台 平成25年12月撮影
当駅と次の宮ノ下駅との間で高低差が約180メートルもあります。
彫刻の森 平成25年12月撮影
 昭和47年に彫刻の森美術館のかいかんに伴って駅名が改称されました。交換可能駅です。
小涌谷 平成25年12月撮影
小涌谷温泉への最寄り駅。相対式のホームがあります。