home駅名標の旅menu(JR路線)JR東日本menu田沢湖線



駅と風景写真のブログ  FC2 えきめぐり


JR東日本 田沢湖線 (盛岡〜大曲)掲載駅のみ表示

 昭和41年全線開業した比較的歴史の浅い路線で地方交通線で本線でもないものの東北新幹線の盛岡開業を境に急速に発展した路線。
 東北新幹線盛岡開業とともに、首都圏・仙台と秋田方面の連絡ルートとし電化され、その後、田沢湖線自体を標準軌に改軌して、東京とダイレクトに結ぶ秋田新幹線のルートの一部として新幹線も走る重要路線となりました。
ローカル輸送には、701系の標準軌板である701系500番台が運行にあたっていますが、秋田方の奥羽本線部分は新在別の線路のままのため、普通列車として旅客輸送するための乗り入れをすることができません。
 
←701系500番台(雫石駅)

盛岡 平成16年11月撮影

駅舎の様子はこちらへ

東北新幹線東北本線秋田新幹線山田線いわて銀河鉄道は乗換です
 田沢湖線の乗り場は、在来線ですから東北本線などと同じ位置にあります。
大釜 平成16年11月撮影
学童保育施設などを兼ね備えたコミュニティセンター併設の駅舎があります。
小岩井 平成16年11月撮影
大正10年開業当初からの木造駅舎が残る駅です。
雫石 平成16年11月撮影

駅舎の様子はこちらへ

秋田新幹線は乗換です
新幹線停車駅らしく前後の駅とは、比べものにならないほど立派で大きな駅舎となりました。
春木場 平成25年7月撮影

駅舎の様子はこちらへ
簡素な駅舎がある棒線駅です。
赤渕 平成25年7月撮影

駅舎の様子はこちらへ
県境を越えた隣の田沢湖駅までは約18キロ離れています。
田沢湖 平成16年11月撮影

駅舎の様子はこちらへ

秋田新幹線は乗換です
グッドデザイン賞を受賞した駅舎があります。新幹線停車駅らしく新しいタイプの駅名標がありました。
刺巻 平成25年7月撮影

駅舎の様子はこちらへ
駅舎はログハウス風、駅近くには湿原があります。
神代 平成25年7月撮影

駅舎の様子はこちらへ
「じんだい」と読みます。平成19年建築の綺麗な駅舎があります。
生田 平成25年7月撮影
「いくた」ではなく「しょうでん」と読みます。田沢湖線には漢字を音読みする駅が多いのでしょうか?
角館 平成16年11月撮影

秋田新幹線、秋田内陸縦貫鉄道秋田内陸線は乗換です
武家屋敷風の平屋駅舎がある駅。接続する秋田内陸縦貫鉄道(旧国鉄角館線)も古風な駅舎を持っています。
鶯野 平成25年7月撮影
1面1線の棒線駅です。駅舎はありません。
羽後長野 平成25年7月撮影
平成21年建築の新しい駅舎があります。
鑓見内 平成25年7月撮影
棒線駅でホーム待合室だけの駅です。ホームが狭いので斜めから撮影しました。
羽後四ツ屋 平成25年7月撮影
新しい簡易駅舎があります。駅裏の田んぼの中に大きなお米の倉庫があります。
北大曲 平成25年7月撮影
ホームに待合室があるだけの無人駅です。
大曲 平成16年11月撮影

駅舎の様子はこちらへ

秋田新幹線奥羽本線は乗換です
田沢湖線のローカル列車は奥羽本線に乗り入れはしていないので、専用駅名標となっています。



home駅名標の旅menu(JR路線)JR東日本menu田沢湖線







(C) misakitty