home駅名標の旅menu(JR路線)JR西日本menu高山本線(JR西日本)


きままな各駅停車の旅ブログ  FC2 えきめぐり



JR西日本 高山本線2 (猪谷〜富山)


 この区間が開通した当時は、高山本線ではなく「飛越線」と呼ばれていました。開通は昭和5年のことです。
 笹津までは山間路線を下り、その後、富山平野を北上する路線となります。JR西日本だけでなく高山方面直通のJR東海のDCも運行しています。


←猪谷駅は、JR西日本だけでなくJR東海(写真右)、神岡鉄道(写真奥・現在は廃止)の3路線の列車が発着しています


猪谷 平成15年7月撮影

高山本線(高山方面)はこちらから

駅舎の様子はこちらへ
 JR西日本と東海の境界駅で駅名標を見るとわかるように所属はJR西日本となっています。
楡原 平成27年7月撮影
築堤上にホームがあり、築堤下の駅舎とはかなり高低差があります。 
笹津 平成15年7月撮影
 かつては、構内に貨物用の線路が沢山あった駅で、ホームと駅舎の距離がそれをものがたってくれます。
東八尾 平成27年7月撮影
棒線駅でホーム待合室があるだけの駅です。
越中八尾 平成19年11月撮影

駅舎の様子はこちらへ
2面3線の構内をもち、特急も停車する駅。毎年9月も行われる「おわら風の盆」では臨時特急も運行しています。
千里 平成15年7月撮影
 昭和2年に富山〜越中八尾まで最初に開業したときからある駅です。 
速星 平成15年7月撮影 
 次第に富山市近郊の住宅地となってきます。大きい駅ではありませんが特急も停車する駅です。 
婦中鵜坂 平成26年10月撮影
富山市が、高山本線の利用客増加のために期間限定で設置した駅。平成23年3月で設置期限が切れますが、利用客が見込まれるため常設駅となる見込みです。
西富山 平成26年10月撮影
国鉄民営化のころまでは貨物駅としてもにぎわっていた駅です。交換可能駅です。
富山 平成15年7月撮影

駅舎の様子はこちらへ

北陸新幹線あいの風とやま鉄道線、富山地方鉄道本線、軌道線富山駅南北接続線、富山ライトレール富山港線は乗換です
 北陸本線と高山本線共用の駅名標です。



home駅名標の旅menu(JR路線)JR西日本menu高山本線(JR西日本)







(C) misakitty